徐々に寒くなってきて、インフルエンザの患者も散見されるようになり、胃腸炎も少し増えてきた印象です。何よりも手洗いが一番です。様々な環境面には、目に見えないウィルスが付着しています。それが手について、その手で目、口、鼻などを触ってしまう前に手を洗いましょう。

 

 今回のテーマは「胃腸炎」です。「嘔吐下痢」や「胃腸風邪」などいろいろな呼び方がありますが、簡単に言うと鼻水や咳の「上気道炎」と同じく、「ウィルス性」であることが大部分です。原因ウィルスとしては、ノロウィルスやロタウィルス、アデノウィルスなどが代表的ですが、様々なウィルスが胃腸炎の原因となります。

 

 前述のノロ、ロタ、アデノなどは糞便の迅速キットで検査をすることが可能ですが、迅速検査は必ずしも正確とも言えず、診断がついてもいずれも特効薬はなく、その後の治療方針はあまり変わらないのが現状です。そのため、迅速検査がどうしても必要な状況は限定的と言えます。

 

 胃腸炎の主な症状は嘔吐、下痢、腹痛、発熱などですが、特にご高齢の方や小さいお子さんでは、まれに重症化することもあります。そのため、小さいお子さんについては、ロタウィルスの予防ワクチンがあり、現状では自費となりますが、生後2か月からの接種が推奨されております。

 

 胃腸炎の大部分はウィルスが原因ですので、細菌に対する治療薬である「抗生物質」は効果が期待できず、逆に腸内細菌のバランスを崩して、症状を悪化させる可能性もあります。もちろん、まれに細菌感染が原因の腸炎も起こりえますので、その際は、「抗生物質」での治療が考慮されます。

 

 胃腸炎の治療は対症療法がメインとなり、整腸剤の他、嘔気・嘔吐があれば吐き気止めを、下痢がひどければ下痢止めを、発熱があれば解熱剤を、といった処方を検討します。嘔吐や下痢のために脱水や電解質異常をきたさないよう、特にご高齢の方や小さいお子さんでは、嘔吐しないよう少量ずつ頻回に水分補給を行いつつ経過をみる必要があります。一般的には、鼻汁や咳の上気道炎と同じように、数日で改善します。  

 

 たとえば、子どもが寝ているときに嘔吐をすると、布団やパジャマにも吐物がついてしまい、それらは感染源となる可能性もあるので注意して片づけをする必要があり、大変な場合があるかと思います。    

 大変ですよね・・(>_<)。手洗いをしっかり行い、なんとか流行の時期を乗り切りましょう。