春と言えば桜、卒業、入学など心おどる季節ですが、医学的には春と言えば「花粉症」でしょうか・・。

 

みなさんは「花粉症」はありますか?

 

私は、子どもの頃から花粉症で、おそらくひどいほうかと思います。昔は強めの抗アレルギー薬を内服しても眠くならなかったのですが、最近は年のためか眠くなる気がして、眠気が出にくいとされる薬を飲むようにしています。

 

日本気象協会の2019年 春の花粉飛散予測(第3報)

https://tenki.jp/pollen/expectation/

によると、大阪のスギ花粉飛散のピークは3月上旬とのことです。ピーク(最高点)が3月上旬ということは、2月くらいから徐々に花粉が飛び始めており、すでに鼻や目の花粉センサーが反応している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなど、つらい季節です(>_<)。症状が強い場合は、倦怠感やのどの痛みなども伴い、風邪とよく似た症状となり、実際に風邪も同時に重なる場合もあるかもしれません。

 

花粉症とは、花粉が原因(アレルゲン)で発症するアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎などを言います。気管支喘息やアトピー性皮膚炎も同様のアレルギー疾患であり、これらを重複して有する場合もあり、例えば春のスギやヒノキの花粉が原因で、鼻や目の症状だけでなく、喘息や皮膚炎もあわせて悪化する場合もあります。

 

花粉が山の木から大量に飛散している映像をテレビなどで見かけることがありますが、身のまわりでは花粉は粒子が小さくて目には見えず、窓を開ければ知らないあいだに屋内に入ってきて、外出した際は衣服にも花粉がついてしまうと考えたほうがいいでしょう。目に見えず知らないあいだに口や鼻から入ってくるというのは、花粉もウィルスもやっかいなものです・・。

 

花粉症の治療としては、抗アレルギー薬の内服や点鼻、点眼があり、その他、漢方薬もあり、症状が強い場合は重ねて使用することも可能です。前述のとおり薬によっては、または内服する人によっては、眠気が出る場合もありますが、現在は、薬剤も選択肢が増えてきています。

 

当院でも花粉症の診療を行っておりますので、鼻みずや目のかゆみが長引いて花粉症かも・・、毎年のことでそろそろ花粉症がやばそう・・など、花粉症でお困りの際は、お気軽にご相談いただければ幸いです。