最近、日中の気温が高くなってきました。熱中症にまで至らなくても、暑さのために体調をくずすこともありますので、適宜、水分補給を行い、体調管理に気をつけましょう。

 

今回のテーマは「夏かぜ」です。

 

寒い季節はインフルエンザを筆頭に風邪が増え、暖かくなると冬よりは風邪も減るのですが、それでも夏は夏のウィルス性疾患が流行します。 一般に夏かぜと呼ばれる代表選手の中には、ヘルパンギーナ、手足口病、アデノウィルスなどがあります。

 

ヘルパンギーナと手足口病は、主にエンテロウィルスやコクサッキーウィルスなどに属するウィルスが原因で、どちらも発熱、咽頭痛やその他の風邪症状を伴うことがあります。ヘルパンギーナは咽頭のみに発疹を認めることが多いのに対し、手足口病はその名のとおり、口腔内以外に手や足にも水疱性の発疹を認めることが特徴的です。

 

今季の手足口病は、口の周囲や前腕、下腿、臀部などにも発疹を認めるお子さんがいて、わりと発疹がひどい印象がありますが、軽症の場合もあります。2011年の今と同じ季節、その頃は特に手足口病が流行し、私自身も発症し、てのひらがペンだこができたように痛み、発熱も認めました。東日本大震災の年でかつ、ちょうど二人目が生まれたところでしたので、よく覚えています。ウィルス性疾患全般に共通しますが、お子さんに流行することが多いですが、大人も発症することがありますので、ご注意ください。

 

アデノウィルスは、複数の型があり、型により症状が変わります。有名なのは、夏かぜの一つでプール熱と呼ばれる咽頭結膜熱や目に限局して炎症が強くなる流行性角結膜炎ですが、その他、一般的な上気道炎症状を呈するものや、胃腸炎が主体のものもあり、目やにや咽頭痛がメインで胃腸炎の症状も合併する型もあります。一言でアデノウィルスと言っても、症状が多彩であることが分かります。特に、咽頭結膜炎は出席停止の基準が「主要症状が消失した後2日を経過するまで」、流行性角結膜炎は「症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで」となっていますが、流行性角結膜炎は症状が改善するまで2週間程度かかったり、一時的なことが多いですが視力が低下する場合もあるので、それらを疑う場合には、一度、受診をお勧めします。

 

アデノウィルスはインフルエンザのように迅速検査がありますが、ヘルパンギーナ、手足口病、アデノウィルスとも他の上気道炎や胃腸炎の原因となるウィルスと同様、それ用の特効薬はなく、治療は対症療法がメインとなります。

 

これからますます暑くなり、冷房を使用する機会も増えていきますが、風邪をひかないように気を付けて、令和元年の夏を楽しみましょう。