家族で泉ヶ丘のプールに行ってきました。自分が子どもの頃に行っていたプールで、最後に行ったのは、高校生の時に同級生と、でした。まさか自分の子どもを連れて行くことになろうとは(^_^;)。

このプールも今年で終わりですね。

プールの跡地は、新しい近畿大学病院へと生まれ変わります。より近くなりますので、適切に紹介させていただければと思います。

 

今回のテーマは、「皮膚疾患」です。

 

当院は、標榜は内科・小児科ですが、実際には「総合診療」をモットーに、できる限り様々な健康に関するご相談に応えていければ、と考えています。

 

皮膚に関するご相談も少なからずみられ、例えば、

 

・虫さされ ・蕁麻疹 ・あせも(汗疹)

・水いぼ(伝染性軟属腫) ・とびひ(伝染性膿痂疹)

・乳児湿疹 ・アトピー性皮膚炎

・けが ・やけど(熱傷) ・にきび(尋常性ざ瘡)

・巻き爪、爪周囲炎 ・爪が剥がれかけている

・自家感作性皮膚炎 ・蜂窩織炎

・ウオノメ(鶏眼) ・床ずれ(褥瘡) ・ほくろ(黒子)

・接触性皮膚炎 ・薬疹 

・皮膚真菌症 ・爪白癬

・手足口病、突発性発疹、溶連菌、りんご病(伝染性紅斑)など感染症に伴う皮疹

 

などが挙げられます。

 

時折、お声をいただくので、AGA(男性型脱毛症)の治療も開始します。お困りの際は、ご相談ください。

 

皮膚疾患については、当院で診断、治療が可能な場合は実施させていただき、判断が難しい場合は、責任を持って専門医に紹介させていただきます。

 

専門医への紹介については、本人やご家族の希望も考慮し、どの時点でもどの病院にも紹介可能ですので、ご希望がある場合は遠慮なくご相談ください。

 

どの領域でもそうですが、皮膚科においても、専門医に紹介をした後にいただく返書の内容や、専門医にコンサルトした時に教えていただく内容は、とても勉強になり、その後の診療に活かすことができます。

 

皮膚疾患についてもできるだけ当院で診断、治療を行えるよう努力してまいりますので、お困りの際は、一度、ご相談いただければ幸いです。