新型コロナウィルスCOVID-19感染症の拡大が進み、WHOが「パンデミック宣言」を行いました。見えない相手だけに、不安がぬぐいきれません。しかし、少しずつ医学的な特徴も分かりつつあります。様々な情報が飛び交いますが、基本的なことを押さえつつ、落ち着いて日々の生活を送っていきましょう。

 

ご存じのとおり、マスクが手に入りにくい状況が続きます。当院でも新たにはほぼ入荷されず、医療機関も一般のご家庭と同じです。

 

ここではマスクについて簡単に説明させていただきます。

 

マスクを使用した場合、例えばインフルエンザの罹患率がマスクを使用していない人と比較して有意差はなかった(罹患率があまり下がらなかった)との研究報告があります。よって、お元気な方がマスクを使用しても、医学的には風邪やインフルエンザを予防する効果はあまりないと考えられています。逆にすでに風邪やインフルエンザで咳やくしゃみが出る方については、病原ウィルスや菌を周辺に拡散してしまわないように、マスクを使用することは一定の効果が期待できます。

 

世界的に「咳エチケット」と言えば、ハンカチや上腕のあたりの服で口を押さえるという方法があり、必ずしもマスクが定番ではありません。

 

みなさんは、咳やくしゃみの際に、口を掌で覆うことはないでしょうか。

 

手はいろいろなところを触れるので、手で口を覆う動作は、どこかを触った手で自らの口元にウィルスを付着させてしまう可能性があり、逆に、自身の咳やくしゃみで掌についたウィルスを周辺に付けてしまう可能性もあります。習慣を変えるのはなかなか困難ですが、咳やくしゃみが出そうになったら、できれば上腕あたりの服かハンカチでとっさに口を覆うようにしたいものです。

 

春のスギ花粉でお困りの方もいらっしゃるかと思いますが、マスクで花粉や黄砂を吸い込む量は一定減らす効果が期待できます。しかし、現在、マスクが使用できずに花粉症の症状でお困りの場合は、薬剤で症状を軽減することもできます。上手に薬も使用しましょう。

 

前述のとおり、お元気な方が例えば自転車を走らせている時、ささっとスーパーで買い物をしている時などにマスクを使用していても、その方が風邪やインフルエンザにかかる率を減らすという科学的なデータはありません。それよりも、手はいろいろなところを触れますので、その手で目や鼻などを触わってしまう前に手を洗うことのほうが感染予防になります。

 

私は、外来診察時は複数の風邪やインフルエンザの患者さんを診察し、私自身が感染するわけにはいかないので、診察時はマスクをしていますが、例えば予防接種だけの時間や訪問診療の際は、ほとんどマスクは使用していません。もともとマスクを付けるのがあまり好きではないので、仕事以外で、子どもと公園で遊ぶときやスーパーに買い物に行ったり、外食するときも、新型コロナウィルスのことが気になる今でもマスクはつけていません。

 

そう考えると、少ないマスクも本当に必要なときに限って節約して使用することも可能でしょうか。

 

普段からできれば風邪をひかずに、インフルエンザにかからないに越したことはないですよね。そのために日常的に自分たちができることはなんでしょうか。

 

バランスよく食事をして、適度な運動をして、十分な睡眠をとり、外出などでいろいろなところを手で触った後は、手を洗うまではできるだけ顔などを触らない。

 

他にもみなさんなりの工夫があるかもしれません。そういった日々の積み重ねが、いまの新型コロナウィルスとの戦いにも役立つと思います。みんなでこの難局をなんとか乗り切りましょう。